中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう! 中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう! Free Get
中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう!

中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう!

1.0.0 for iPhone
Free
0

0 Ratings

Release Date

2017-01-14

Size

31.8 MB

Screenshots for iPhone

iPhone
中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう! Description
このアプリは、
中2病の診断アプリです。
診断項目は
発症度
感染度
重症度
進行度
危険度
陽性度
真性度
によれぞれ10問の質問から診断します。

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。

つまり、中二病とは全く想像の「病」です。
結果や内容には全く何ら裏付けのあるものではなく、
あくまでも「遊び」として楽しんでください。

ラジオ番組『伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力』で生まれた造語。1999年1月11日放送の同番組内でパーソナリティの伊集院光が「自分が未だ中二病に罹患している」と発言し、翌週から「かかったかな?と思ったら中二病」(1999年1月18日 - 3月22日)というコーナーを立ち上げ、リスナーから募った「症例」(と銘打った投稿ネタ)を体系化させていった。伊集院本人が指標として挙げた例は「『因数分解が何の役に立つのか?』『大人は汚い』と言い出す」「本当の親友を探そうとする」など。
放送当時は番組リスナーの間だけで用いられるだけの名称であり、番組内においてコーナーが終了してからは次第に忘れられていったが、2005年を境にインターネット上で再び広く使われるようになる。当時2ちゃんねる生活全般板にあった「中二病総合スレ」等で使われるうちに自虐の意味が薄れ、揶揄する意味合いが強くなり、「過去の失態を告白してみんなで奇声を発するスレ」に投稿された「邪気眼」と呼ばれる投稿から、思春期の少年が行いがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などに対する蔑称、特に創作物の評価において「身の丈に合わない壮大すぎる設定や仰々しすぎる世界観を持った作品」、ひいては「非現実的な特別な世界観や設定そのもの」を揶揄・否定するネットスラングとして定着した。 またネットスラングとしては、「中」の字を「厨」で置き換えた厨二病という表記も見られる。
中二病診断 ビビらずに、扉を開けてみよう! 1.0.0 Update
2017-01-14 Version History
More
More Information
Price:
Free
Version:
1.0.0
Size:
31.8 MB
Genre:
Entertainment
Release Date:
2017-01-14
Developer:
gisei morimoto
Language:
Japanese
More
You May Also Like
Developer Apps