作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問 作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問 Free Get
作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問

作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問

1.0.0 for iPhone
Free
0

0 Ratings

Release Date

2016-11-23

Size

34.4 MB

Screenshots for iPhone

iPhone
作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問 Description
このアプリは、このアプリは、国家資格作業療法士試験問題集です。
全540問です。
さらに、科目別としています。
科目は、
•解剖学
•生理学
•運動学
•病理学
•内科学
•神経内科学
•整形外科学
•人間発達学
•リハ概論・リハ医学
•精神医学
•心理学
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英:Occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者の一員である。理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。
試験科目
筆記試験
一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。ただし、点字試験受験者に対しては、実地問題については行わなわれず、また視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験を認めており、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験が認められる。
一般問題
1.解剖学
2.生理学
3.運動学
4.病理学概論
5.臨床心理学
6.リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)
7.臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
作業療法士と理学療法士の違い
作業療法士(OT)が行うリハビリの目的は、「身体障害者と精神障害者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」である。一方、理学療法士(PT)が行うリハビリの目的は、「身障者の基本的な動作能力を回復させること」である。障害や後遺症のある「体の部位」に注目し、腕の曲げ伸ばしなどの運動療法、温熱や電気刺激等の物理療法、服の着替えや入浴等を模擬訓練する日常生活活動(ADL)といった手法を用いて、目標となる部位の能力・機能を回復させるためのリハビリテーションを行う。理学療法士のリハビリでひとまず身体が動くようになった患者に対し、作業療法士が、手工芸(折り紙、木工、陶芸、編み物など)、芸術(音楽、絵画、塗り絵、書道、俳句など)、遊び(トランプ、将棋、オセロ、パズルなど)やスポーツ(散歩、体操、ゲートボール、ダンスなど)などの「創作活動やレクリエーション」、日常動作(食事、料理、掃除、読書など)である「生活活動」などの「行為(作業)」を通し、次の段階である「社会復帰する為の訓練」をさせて、日常生活をスムーズに送るための複合的な動作が可能になるよう、リハビリを行う。一般的に「文化系の作業療法士、体育会系の理学療法士」[4]と言われており、作業療法は様々な作業のバリエーションの中で複合的に機能を回復させてゆくのに対し、理学療法は運動などの反復活動が多い。です。
全540問です。
さらに、科目別としています。
科目は、
•解剖学
•生理学
•運動学
•病理学
•内科学
•神経内科学
•整形外科学
•人間発達学
•リハ概論・リハ医学
•精神医学
•心理学
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英:Occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者の一員である。理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つ。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。
試験科目
筆記試験
一般問題及び実地問題に区分して次の科目について行う。ただし、点字試験受験者に対しては、実地問題については行わなわれず、また視覚障害者に対しては、弱視用試験又は点字試験による受験を認めており、点字試験受験者に対しては、試験問題の読み上げの併用による受験が認められる。
一般問題
1.解剖学
2.生理学
3.運動学
4.病理学概論
5.臨床心理学
6.リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)
7.臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法
作業療法士と理学療法士の違い
作業療法士(OT)が行うリハビリの目的は、「身体障害者と精神障害者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」である。一方、理学療法士(PT)が行うリハビリの目的は、「身障者の基本的な動作能力を回復させること」である。障害や後遺症のある「体の部位」に注目し、腕の曲げ伸ばしなどの運動療法、温熱や電気刺激等の物理療法、服の着替えや入浴等を模擬訓練する日常生活活動(ADL)といった手法を用いて、目標となる部位の能力・機能を回復させるためのリハビリテーションを行う。理学療法士のリハビリでひとまず身体が動くようになった患者に対し、作業療法士が、手工芸(折り紙、木工、陶芸、編み物など)、芸術(音楽、絵画、塗り絵、書道、俳句など)、遊び(トランプ、将棋、オセロ、パズルなど)やスポーツ(散歩、体操、ゲートボール、ダンスなど)などの「創作活動やレクリエーション」、日常動作(食事、料理、掃除、読書など)である「生活活動」などの「行為(作業)」を通し、次の段階である「社会復帰する為の訓練」をさせて、日常生活をスムーズに送るための複合的な動作が可能になるよう、リハビリを行う。一般的に「文化系の作業療法士、体育会系の理学療法士」[4]と言われており、作業療法は様々な作業のバリエーションの中で複合的に機能を回復させてゆくのに対し、理学療法は運動などの反復活動が多い。
作業療法士 国家試験対策 過去問・予想問題集 全540問 1.0.0 Update
2016-11-23 Version History
More
More Information
Price:
Free
Version:
1.0.0
Size:
34.4 MB
Genre:
Education
Release Date:
2016-11-23
Developer:
gisei morimoto
Language:
Japanese
More
You May Also Like
Developer Apps