坂口安吾 文学全集 坂口安吾 文学全集 $1.99
坂口安吾 文学全集

坂口安吾 文学全集

SHINA NAKAMURA

1.3.1 for iPhone, iPad
$1.99
0

0 Ratings

Release Date

2017-11-16

Size

4.4 MB

Screenshots for iPhone

More Screenshots for iPad
坂口安吾 文学全集 Description
坂口安吾の文学作品を読む事ができる、電子書籍アプリです。
シンプルな操作でサクサク読むことができます。

【主な仕様】
・iCloud対応
・音声読み上げ機能
・スワイプでページめくり
・縦向き、横向きに対応
・しおり登録
・目次表示機能
・システム標準辞書搭載
・縦読み機能(※iPhoneのみ対応)
・フォントサイズ変更
・背景色変更( 白 or セピア or ブラック )
・ダウンロード(約400作品の中から無料でダウンロードできます)

【注意事項】
・初期データには作品は収録されていません。お好きな作品をダウンロード(無料)してお使いください。
・作品のダウンロードは、3GまたはWi-Fiのネット環境が必要です。

【無料ダウンロードできる作品】
青鬼の褌を洗う女・諦らめアネゴ・諦めている子供たち・悪妻論・足のない男と首のない男・明日は天気になれ・新らしき性格感情・新らしき文学・あとがき〔いづこへ〕・阿部定さんの印象・阿部定という女・甘口辛口・雨宮紅庵・哀れなトンマ先生・アンゴウ・安吾巷談 01〜12・安吾下田外史・安吾人生案内 01〜08・安吾の新日本地理 01〜10・安吾武者修業 馬庭念流訪問記・家康・育児・囲碁修業・遺恨・居酒屋の聖人・意識と時間との関係・石の思ひ・いづこへ・一家言を排す・イノチガケ ――ヨワン・シローテの殉教――・生命拾ひをした話・『異邦人』に就いて・意慾的創作文章の形式と方法・淫者山へ乗りこむ・インテリの感傷・牛・海の霧・裏切り・エゴイズム小論・遠大なる心構・大井広介といふ男 ――並びに註文ひとつの事――・大阪の反逆・お魚女史・お喋り競争・織田信長・お奈良さま・おみな・をみな・オモチャ箱・女占師の前にて・温浴・外套と青空・外来語是非・我鬼・咢堂小論・影のない犯人・かげろふ談義 ――菱山修三へ――・“歌笑”文化・カストリ社事件・風と光と二十の私と・風博士・悲しい新風・蟹の泡・神サマを生んだ人々・「花妖」作者の言葉・姦淫に寄す・閑山・感想家の生れでるために・肝臓先生・巻頭随筆・観念的その他・気候と郷愁・北と南・教祖の文学・梟雄・切捨御免 ――貞操なきジャーナリズム――・桐生通信・近況報告・金銭無情・金談にからまる詩的要素の神秘性に就て・ぐうたら戦記・九段・暗い青春・黒田如水・黒谷村・群集の人・敬語論・芸道地に堕つ・桂馬の幻想・決戦川中島 上杉謙信の巻 ――越後守安吾将軍の奮戦記――・決闘・現実主義者・剣術の極意を語る・現代とは?・現代忍術伝・現代の詐術・恋をしに行く(「女体」につゞく)・行雲流水・後記〔『道鏡』〕・後記にかえて〔『教祖の文学』〕・後記〔『炉辺夜話集』〕・巷談師・講談先生・傲慢な眼・五月の詩・木枯の酒倉から ――聖なる酔つ払ひは神々の魔手に誘惑された話――・呉清源・枯淡の風格を排す・古都・孤独閑談・碁にも名人戦つくれ・小林さんと私のツキアイ・娯楽奉仕の心構へ・ゴルフと「悪い仲間」・今後の寺院生活に対する私考・今日の感想・再版に際して〔『吹雪物語』〕・坂口流の将棋観・作者の言分 ――八月創作評を読んで――・作者の言葉〔『火 第一部』〕・作者附記〔「火」『群像』連載第一回〕・桜枝町その他・桜の森の満開の下・酒のあとさき・作家論について・三十歳・山麓・志賀直哉に文学の問題はない・市井閑談・「刺青殺人事件」を評す・思想と文学・思想なき眼 ――「危険な関係」に寄せて――・死と影・死と鼻唄・篠笹の陰の顔・島原一揆異聞・島原の乱雑記・邪教問答・集団見合・宿命の CANDIDE・出家物語・将棋の鬼・正午の殺人・勝負師・処女作前後の思ひ出・女性に薦める図書〔アンケート回答〕・序〔『逃げたい心』〕・白井明先生に捧ぐる言葉・ジロリの女・新カナヅカヒの問題・神経衰弱的野球美学論・新作いろは加留多・真珠・新春・日本の空を飛ぶ・新人へ・人生案内・人生三つの愉しみ・真相かくの如し・神童でなかつたラムボオの詩・深夜は睡るに限ること・心霊殺人事件・推理小説について・推理小説論・スタンダアルの文体・砂をかむ・スポーツ・文学・政治・相撲の放送・青春論・精神病覚え書・清太は百年語るべし・世評と自分・蝉 ――あるミザントロープの話――・選挙殺人事件・戦後合格者・戦後新人論・禅僧・戦争と一人の女・戦争論・想片・蒼茫夢・総理大臣が貰つた手紙の話・曽我の暴れん坊・続戦争と一人の女・続堕落論・俗物性と作家・醍醐の里・第二芸術論について・退歩主義者・大望をいだく河童・竹藪の家・太宰治情死考・たゞの文学・谷丹三の静かな小説 ――あはせて・人生は甘美であるといふ話――・愉しい夢の中にて・堕落論・男女の交際について・探偵小説とは・探偵小説を截る・探偵の巻・単独犯行に非ず・小さな部屋・小さな山羊の記録・ちかごろの酒の話・地方文化の確立について・茶番に寄せて・中庸・町内の二天才・長篇小説時評・散る日本・通俗作家 荷風 ――『問はず語り』を中心として――・通俗と変貌と・月日の話・机と布団と女・土の中からの話・露の答 ぬばたまのなにかと人の問ひしとき露とこたへて消なましものを・露の答・釣り師の心境・D・D・Tと万年床・帝銀事件を論ず・貞操の幅と限界・デカダン文学論・手紙雑談・鉄砲・てのひら自伝・天才になりそこなつた男の話・伝統の無産者・天皇小論・天皇陛下にさゝぐる言葉・道鏡・当世らくがき帖・都会の中の孤島・ドストエフスキーとバルザック・特攻隊に捧ぐ・長島の死・中村地平著「長耳国漂流記」・夏と人形・波子・南京虫殺人事件・南風譜 ――牧野信一へ――・新潟の酒・握った手・肉体自体が思考する・逃げたい心・二合五勺に関する愛国的考察・西荻随筆・霓博士の廃頽・西東・二十一・二十七歳・日映の思い出・日月様・日本人に就て ――中島健蔵氏へ質問――・日本精神・日本の詩人・日本の水を濁らすな・日本の山と文学・日本文化私観・ニューフェイス・女体・二流の人・“能筆ジム”・能面の秘密・「信長」作者のことば・白痴・発掘した美女・花咲ける石・花田清輝論・「花」の確立・花火・母・母の上京・母を殺した少年・破門・反スタイルの記・犯人・パンパンガール・Pierre Philosophale・ピエロ伝道者・悲願に就て ――「文芸」の作品批評に関聯して――・飛騨の顔・投手殺人事件・人の子の親となりて・ヒノエウマの話・百万人の文学・便乗型の暴力 ――競輪その他――・ヒンセザレバドンス・FARCE に就て・風人録・不可解な失恋に就て・フシギな女・不思議な機構・吹雪物語 ――夢と知性――・麓・不良少年とキリスト・ふるさとに寄する讃歌 夢の総量は空気であった・ふるさとに寄する讃歌 夢の総量は空気であつた・フロオべエル雑感・文学と国民生活・文学のふるさと・文化祭・「文芸冊子」について・文章その他・文章の一形式・文章のカラダマ・文人囲碁会・分裂的な感想・勉強記・帆影・朴水の婚礼・僕はもう治っている・保久呂天皇・本困坊・呉清源十番碁観戦記・本郷の並木道・〔翻訳〕ステファヌ・マラルメ・牧野さんの祭典によせて・牧野さんの死・街はふるさと・「街はふるさと」作者の言葉・馬庭念流のこと・魔の退屈・水鳥亭・未来のために・無題・無毛談 ――横山泰三にさゝぐ――・紫大納言・村のひと騒ぎ・明治開化 安吾捕物 01〜21・もう軍備はいらない・文字と速力と文学・餅のタタリ・模範少年に疑義あり・モンアサクサ・矢田津世子宛書簡・屋根裏の犯人 ――『鼠の文づかい』より――・山の神殺人・山の貴婦人・ヤミ論語・幽霊と文学・由起しげ子よエゴイストになれ・ヨーロッパ的性格 ニッポン的性格・欲望について ――プレヴォとラクロ――・予告殺人事件・夜長姫と耳男・余はベンメイす・落語・教祖列伝 01〜04・ラムネ氏のこと・理想の女・吝嗇神の宿 人生オペラ 第二回・淪落の青春・流浪の追憶・歴史と現実・歴史と事実・恋愛論・老嫗面・狼園・わが工夫せるオジヤ・わが思想の息吹・我が人生観 01〜08・わが精神の周囲・わが戦争に対処せる工夫の数々・わが血を追ふ人々・訣れも愉し・私の碁・私の小説・私の葬式・私の探偵小説・私は海をだきしめてゐたい・私は誰?・
坂口安吾 文学全集 1.3.1 Update
2017-11-16 Version History
iPhoneXに対応
More
More Information
Price:
$1.99
Version:
1.3.1
Size:
4.4 MB
Genre:
Education Books
Release Date:
2017-11-16
Developer:
SHINA NAKAMURA
Language:
English Japanese
More
You May Also Like
Developer Apps